プロフィール

ひつじ雲

Author:ひつじ雲
環境教育やエコフェアなどいろんな人に環境を守る大切さを知ってもらう仕事をしてます。
でもあんまりカタクならないようにしています。毎日の生活も子どもが生まれたばかりで、エコな生活をと思いつつ、マイペースに暮らしています。

堅苦しくなく、自分らしくがモットーです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

count

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
田中勝さんの講演を聞いてきました。
先日、田中勝さんと言う方の講演会を聞いてきました。

テーマは環境問題と経済について。。

普段、僕は環境問題解決しましょー!、温暖化防止のために家庭で出来ることを少しでもっ!って言って歩いているわけですが、心の奥で、ほんとにそれだけ言ってるだけでええの?
もっと、その労力を使って、効率的なことができるんちゃう?っていう自分も実はいるんですよね。

考えると答えがすぐに出ないので考えないようにしている点です。

田中さんの講演は、そんな環境活動の矛盾点を田中さんなりの視点で突いている内容でした。

例えば、日本人の地道な努力を吹っ飛ばす、戦争の影響や、その戦争を止めさせる方法を考えずに、環境問題を解決しようとする矛盾など。。

正直な感想は、「まいったなぁ」と言う感じでした。
それは、自分が今まで逃げてきた問題の大きさについて考えざるを得なかったことと、それを知ろうとする努力をしなかった反省について考えさせられたから。

講演の内容は、そのデータの出典や信憑性など??という所も何カ所かありましたが、とりあえず、今まで逃げてきた問題に目を向けるいいきっかけにはなりました。

地球温暖化問題を始めとする環境問題は、その内容が今後の予想に頼る部分が大きく、疑おう思えば多少ならず懐疑的になれるかもしれない。

そういうことが、自分への言い訳になっている人もいるんじゃないかと思う。環境問題の影響ばかりを強調して、不安を煽るよりも、そういう人の疑問点を解決してあげるアプローチもこれからは必要なんだろうと思います。
スポンサーサイト

テーマ:環境 - ジャンル:福祉・ボランティア

【2007/04/23 18:59】 | 日記♪ | トラックバック(1) | コメント(3) | page top↑
環境をテーマにした若手の交流会を開催しました
これまで仕事をしてきていて思ったことの一つに、よく仕事ができる人というのは、いいつながり(人脈)を持っていて、沢山の引き出しを持っているということ。
これは、あの人に聞けばいいとか、これはあの人に相談して一緒に出来ないかとか。。

概してそういう仕事ができる人というのは、ある程度経験のある年配の人が多いのだが、そういう人を見ていて思ったことがある。
それは若い内からいろんな人と交流できる場を作っていけば、その地域は、10年後に多くのつながりの上に魅力的な活動ができるようになるのでは?特に環境という分野では!ということ。


そこで、岡山に帰ってきた1年前からそういう若手のつながりを環境をテーマに持ちたいと思ってきた。

そして、ついに先日、その第一歩となる交流会を行うことが出来た。参加してくれた方は、一年間環境の仕事をしてきた中で知り合った若手の人たち。
その声が広がって、当日は25名という多くの岡山で環境をテーマに活躍する若手が参加してくれた。

今回、声かけをしてみて、結構こういう交流をしたいと思っている人は多いことにも驚いた(うれしかったけど)。25名という参加人数の他にも参加したくても都合で参加出来ないというような人が他に10名程度いたので、たぶん、もっと声かけをしていたら大変なことになっていただろうなと思う。

とりあえず、今回は第一回目ということで開催したけど、こういうのは続けてなんぼ。年内にあと二回ほどできたらいいなぁと思う。

目標は、10年続けること。個人的には「10年コミュニティ」を作れればなぁと思っている。(10年経ったら、僕が若手じゃなくなってしまうという問題もあるけど。。)

まぁ、ぼちぼちと。

とりあえず、ミクシー上でコミュニティを作ってそこで情報交換が出来ればいいかな。そろそろミクシーも積極的に利用していかねば・・!

テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

【2007/04/05 19:34】 | 環境業界を目指す方へ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
野口健→CWニコル→若手つながり 
最近、年度末ということもあって忙しさに追われていましたが
やっと一段落付いたので久々に更新します。

忙しかったんですが、その分、おもしろいことも沢山ありました。

一つは、アルピニスト野口健さんの講演を聴いたこと。
これは、運良く聞くことが出来たんですが、本当におもしろかったです。天然ボケっぽく話されているんですが、人の生き死と向き合いながら環境活動をしてこられただけに、話が本当に深い。

楽しいのに、深い、、不思議な感じでいつの間にか話に引き込まれ、自分ももっと頑張ろうと思える。もっと多くの人に聞いてもらいたいなぁと思える内容でした。

二つ目は、これまた講演なんですが、CWニコルさんの話が聞けたこと。CWニコルさんは、去年も岡山に講演に来てるんですが、そのときに話を聞いた人から、感動して涙が出たって聞いてたんですね。

環境の話で涙??これは確かめねば。
ということで、先日聞いてきました。結果は、涙が頬を・・・。
環境教育は究極は、自然体験だと言うけど、その言葉の意味が少しだけ分かったような気がした内容でした。聞いて良かった。。

三つめは、今年の目標であった若手のつながりを作るきっかけが出来たこと。自分的にはこれが一番大きい!先日、あるフォーラムでやる気にあふれた若手の人たちと遭遇、まだまだ小さいつながりだけど、きっかけは掴めたように思う。何とか、これを広げていけたらと思う。
何にしてもやっぱり大切なのは人のつながり。これが一番。

テーマ:岡山県 - ジャンル:地域情報

【2007/02/28 18:26】 | 日記♪ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エコ業界への就職(その2)
前回に、引き続き。

環境教育を仕事とする難しさをこの前の記事で少し書きましたが、その理由は、先に書いた1~4という職種は環境教育だけを業務としてやっているわけではないというのが大きな理由です。

特に1~3の業種は、測定や分析、アセスメント、実施計画の作成などそういうのが多くを占めます。そして、それらの仕事は、これでもか~って言うくらい地味です。(あくまで私の主観ですよ)

逆に、社会的な認知が高まってきている環境を守るために普及啓発をする仕事というのは、4のNPO団体などが活躍しています。しかし、これらはボランティア色が非常に強いのが現状です。そこを土台として先に目指す者がある方や、そこを活動のフィールドに考える人向きではないでしょうか。お金はひじょ~に苦しいところが多いようです。そこで経験を積んで自分の道を目指すんだという意識も必要かもしれません。

以上のことを踏まえて、環境の仕事に興味があったり、これから就きたいと思っている人には、次のようなことをアドバイスしたいです。

read more...

テーマ:環境業界への就職アドバイス - ジャンル:福祉・ボランティア

【2007/01/23 18:42】 | 環境業界を目指す方へ | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
エコ業界への就職 私の経験から(その1)
最近、このつたないブログを見て、環境分野への就職についてご質問頂く機会が何度かあります。

本当に嬉しい限りです。ありがとうございます。
皆さんに、きちんと返事を書けていない状態もあって申し訳なく思っていたのでこの場を借りて、環境分野への就職について書いてみようと思います。(私の浅い経験から)

私は気象会社で営業や環境教育、分析業務などを経験してから転職し現在に至ります。仕事をしている会社は、県の外郭団体です。
いわゆる財団法人ですね。。

ちなみに年齢はまだ、ぎりぎりで30前。

さて、ご存知かもしれませんが、日本には各県に、財団法人の環境団体がある例が多くそれらの団体は、県から補助をもらっているところや、独自財源で業務を行っているところなど様々存在します。私が現在所属する組織は、大きく分けると後者の方です。

そして、上記のような団体は、多かれ少なかれ県とのつながりが強いように思われがちですが、最近では時代が変わってきており、県を逆にリードするような業務が行われるケースもあります。

ようするにやりがいを持って地域を動かすことも可能だということです。仕事はやたらと忙しいですが、中々、楽しいです。(ただし、そういう部署で仕事ができるという自分の売り込み力と運が絶対的に必要ですね)

環境の仕事をする場合、どういう選択肢があるかというと、大きく次の4つに分けられるかと思います。
1.民間企業
2.県や市の公務員
3.環境をテーマにした財団法人
4.NPO法人

ただし、これらは大きく分けた場合です。職種によって分けるとおそらく何十というくらい細かく分かれます。そこで、重要になってくるのが、環境系の仕事に就く、もしくは目指すとして自分が何をやりたいのか?ということです。当たり前のことなんですが、この点が不明瞭な方が結構多くいます。結果、環境関連の仕事=環境教育という誤解も多っかったり・・。

最近は、時代の流れやメディア、ネットの影響もあって、環境教育の仕事がしたいと言う方が多くいますね。
学生さんのネットでの発言や行動なども私が目指していたときとは全然勢いや数が違います。

ですが、環境教育の仕事を出来ている人は実は、まだまだ一握りです。また、環境教育の仕事を業務として行っている所も一握りです。更に言うなら、環境教育の仕事を生涯にわたって続けられ、それで家族を養え自立できる組織というと、おそらく日本には数件程度に限られるように思います。

将来のことまで考える人には非常に狭き門なんです・・。残念ながら。民間は転職も多いですしね。

では、どういう気持ちでこの業界に対して就職活動や転職活動をすればいいのか?

そのことについて、これからの数日を使って、書いていこうと思います。私のこれまでの経験と現在環境教育を仕事としている視点が少しでもこれからの方に役に立てばいいのですが。

テーマ:環境業界への就職アドバイス - ジャンル:福祉・ボランティア

【2007/01/18 19:20】 | 環境業界を目指す方へ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。